オリゴ糖の主な利用の仕方としては、砂糖の代わりに用いられることが多いですし、それが一番ポピュラーです。
コーヒーや紅茶、ココアやミルクに入れて飲んだり、プレーンヨーグルトにかけてもほんのり甘くて、おすすめです。

ただ、飲み物だけに入れるだけではありません。
オリゴ糖は基本的に熱や酸にも強いですので煮物などの料理にも使えます。
かぼちゃの煮物など、食材の甘さを感じたいために砂糖では甘すぎて嫌という方にはオリゴ糖はうってつけです。

魚料理であればサバの味噌煮も良いですね。
料理に利用していただければ食材本来のの甘さを引き出しながらも、美味しくいただくことが出来ると思いますよ。

更に、よりオリゴ糖の健康効果を得たいのであれば、オリゴ糖は単一ではなく複数の種類を摂取する事が望ましいと報告されています。
腸内には、ビフィズス菌だけで10種類以上も存在します。

善玉菌の種類があるだけ、菌の好みや特性も様々だと言えます。
つまり、同じ善玉菌でも、菌によっては乳果オリゴ糖を好むものもいれば、キシロオリゴ糖を好むもの、ラフィノースオリゴ糖を好むものがいれば、ガラクトオリゴ糖を好むものと好みがさまざまなのです。

腸に住み着いている善玉菌全体を元気にするためには、複数のオリゴ糖を摂取して出来るだけたくさんの種類の善玉菌のエサになる事が大切です。
実際に、ビフィズス菌とオリゴ糖の相性を科学的に検証して、最適な比率でオリゴ糖をブレンドした物も商品化されているので、利用するとよいでしょう。


カイテキオリゴ

カイテキオリゴ 公式サイトはこちら