オリゴ糖で善玉菌が増えるのはなぜ?

お腹の善玉菌を増やすために、オリゴ糖が有効なのは間違いありません。
そのオリゴ糖の仕組みは、まずオリゴ糖を食べることにより善玉菌が増え、腸内環境が良くなり、結果便秘が改善されます。

詳しく説明すると、オリゴ糖が口から入って、胃・小腸で消化されずに大腸までにたどり着き、腸内細菌に食べられます。
実かこのとき、善玉菌だけがオリゴ糖を食べるわけではありません。

日和見菌が食べたり、ときには悪玉菌の中にも、オリゴ糖を食べる菌が存在します。
それでは悪玉菌も元気になってしまうのでは? と心配になりますが、これが大丈夫なんです。

オリゴ糖を食べた善玉菌は、乳酸や酢酸などの酸を出します。
ほとんどの悪玉菌は酸に弱く、すぐに酸に負けてしまいます。

悪玉菌の勢力が弱まれば、善玉菌はますます原意になり、腸内環境もぐんぐん良くなります。
ですからオリゴ糖を摂取することで、善玉菌は元気になり、悪玉菌の勢力は弱まっていくことになります。