ビオマインの特徴

CALPISの「ビオマイン」最大の特徴は、日本初の乳酸菌飲料「カルピス」に由来する微生物研究の中で、自然環境の中から発見されたという独自の菌「枯草菌C-3102株」を主要成分として配合していることにあります。
枯草菌には日本人に馴染み深い納豆菌も含まれ、落ち葉や土壌、空気中など自然環境の中に広く存在し、気温の変化や乾燥、多湿などハードな環境の中でも負けずに生き抜く強さがあります。

そうした性質を持つことから、「枯草菌C-3102株」は乳酸菌やビフィズス菌と違って胃酸に負けず、摂取した菌のうち実に99%が生きて大腸まで届くといいます。
「枯草菌C-3102株」は天然の頑丈な殻につつまれているため、もともと胃酸などの外的刺激に負けない強さが備わっているのです。

また、体内環境に合わなかった乳酸菌やビフィズス菌は排出されてしまうのに対し、「枯草菌C-3102株」には一人ひとりの体内環境に合わせて対応する力があります。
人の体の中には、もともとたくさんの「よいもの」が存在していますが、「枯草菌C-3102株」にはそれらを増やしたり、育てたりする働きがあるのです。

そのため摂取した「枯草菌C-3102株」は人体の仕組みによって追い出されてしまう心配がなく、より効率のいい働きを得ることができるというメリットがあります。
「枯草菌C-3102株」が99%生きたまま大腸に届くということを立証するため、CALPISはオランダの共同研究機関の協力を得て、人工胃腸管モデル「TIM」による検証を行っています。

その結果、「枯草菌C-3102株」はたしかに99%が生きたまま大腸に届き、体内環境をケアしてくれるということがわかりました。
「ビオマイン」にはそんな「枯草菌C-3102株」が3粒あたり24億個も配合されているので、毎朝のスッキリを強力にサポートしてくれます。


ビオマインとは
ビオマインの特徴
ビオマインの口コミと評価
ビオマインの評判
ビオマインの飲み方

ビオマイン 詳しくははこちら